日赤 救急法

日本赤十字社は、救急法の講習を行っています。

「救急法」「水上安全法」「雪上安全法」「幼児安全法」及び「健康生活支援講習」の5種類です。
その内容については日赤のホームページ (http://www.jrc.or.jp/index.html 日本赤十字社 )  を見ていただくとして    

身近な知識として知っておきたいのは

① 「救急法」   日常生活における 手当の基本、止血の仕方、包帯の使い方 など
② 「幼児安全法」   小さな体は成人と対処の方法が異なる

今年度、山形県支部では講習用AEDの幼児用パッドを導入したそうで、この4月から講習に使われています。
早速、幼児安全法短期講習で見てきました。

写真を上げておきます。
赤十字救急法基礎講習 で使用する人体模型やAEDパッドは成人用ですので比較してみてください。


幼児の模型です。
成人用より小さく体重をかけると壊れてしまいそうです。

講習用AEDの幼児用パッドです。
成人用との区別はパッドの表示と、プラグの前に黄色いケースが付いている。
写真の右端です。

赤ちゃんの模型です。

これはかわいいーーー・
抱きしめたくなります。
当然、取り扱い 要注意です。

このような知識が必要になる事態には遭遇したくありません。
私たちはプログラムに参加する全員の安全確保を最優先しています。

ボーイスカウト山形第51団
ビーバースカウト隊   保護者  の独り言、でした。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中